人気ブログランキング |

だってイギリスだもん♪


アメリカ好きのイギリス生活
by tonsukeita
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ:夏( 8 )

ロンドン 二日目

いろいろとあったロンドン初日でしたが、翌日は二階建てバスに乗って改めての観光。
このバスは使用開始時間から24時間使うことが出来る上に乗り降りが自由なので観光にはかなり便利なうえに、日本語での説明が聞けるので文句なし。
a0240816_17171023.jpg
と言いつつも、私も乗るのは初めて。
今まで両親など来た時に電車で連れまわしていたので、最初に乗せてあげればよかったな~とちょっと後悔。
バスルートもビックベン、トラファルガー広場、バッキンガム宮殿、ロンドン・アイ、ミレニアムビレッジなどなど所要のところは全てまわってくれます。
a0240816_1723024.jpg
所要ラインが2時間弱ということで、とりあえずバスに乗って一周し、降りたい時に降りたらどうでしょうか? と提案してみました。
乗っている途中でかなり寒くなり雨が降って来たので前のかこいのある方に移動。
それでも一応楽しんでくれたようです。
マダム・タッソーに行ってみたいとの希望だったのですが、あまりの長蛇の列を見て諦めることに。
あれ並んでるだけで一日終わってしまう!! というほどの列でした。

バスから降り、あまりの寒さに全員がトイレへ直行(笑)
その後はネロ・カフェで軽いランチ。
夕飯はどこかちょっとおしゃれなところがいいというご希望でどこがいいか試行錯誤。
一度ホテルに戻って検討することにしました。
というのも4人のうちお2人が着物を着てお食事するというのです!!!
なんて素敵な旅の締めくくりなんでしょう。
ということで、お着替え中に私は翌日の飛行機のチェック・インの手配をしたりレストランを探すことに。
何件か見てみたのですがなかなかコレ!!と思うところがなく悩みました。
そこでふと、この間K太と行ったGordon Ramsayのお店はどうだろうか…と電話。
思った通り予約でいっぱいです。
ところが、ロンドンに何店舗かあるのでよければ他の支店に空きがあるか調べてみてくれると。
すると一店舗だけ6時半から開いている席があるというのです。
さっそくみんなに伝え、了解を得て予約。

ロンドン観光で歩きまわるつもりでいた私はスニーカーにレギンスとなんともカジュアルな格好だったので、一度着替えに帰ることにしました。
その間みなさんは大英博物館で見学。
やはりお着物、みんなから注目されたそうです。うらやましい~♪
本当に素敵なお着物姿のおふたり。私も将来こんな風になりたいな~と思ったけれど「いやいや、無理だ」とすぐに否定(笑)
a0240816_17465773.jpg
6時に大英博物館前で待ち合わせをし、そこからタクシーでレストランへ。
素敵なホテルの中にあるこのレストランはまた格別。
なんでも何店舗かある彼のレストランの中でも本人が一番お気に入りでよく来るそうです。
a0240816_17502834.jpg
一応仕事なのでずっと遠慮していたアルコールですが、「一緒に飲むのも仕事のうちよ」とおっしゃってくださり、ワインをいただくことにしました。
スターター前のスープ。
a0240816_17531722.jpg
帆立を使ったスターター。
a0240816_17545597.jpg
メインのお魚。
a0240816_17552765.jpg
もちろんどれもおいしかったのですが、ワインを飲んでしまったためにまた残すことに………
そして最後、マンゴのシャーベット。こんな5スクープもついてくるなんて思わずびっくり!!
1スクープ食べるのがやっとでした(笑)
a0240816_1756566.jpg
最後にウエイターの人がスペシャルプレゼントがある、と私たちについてこいと言っていました。
訳がわからずついていくと、なんとこのレストランの厨房を見せてくれたのです!!!!
a0240816_1805374.jpg
こんな有名レストランの厨房を見るのは初めて。しかも写真まで撮らせてくれて大感激でした。
最後にはウエイターの人が自ら、もう一度記念写真を!!と自分まで入って撮ることに。
a0240816_182244.jpg
こういうユーモアのセンスなど大好きです。

お礼に、とおっしゃりここでの食事代を出してくださったり最初から最後まで本当に気を使ってくださった方たちでした。

あ、ところで例のミュージカルチケットの支払いですが日本に帰って早速調べたところ、チケット代としては請求されていなかったもののフランスまでの504ポンドのチケット代とかなりの額の買い物代がひかれていたそうです…
もちろんフランスには行ってないし、事情を説明して大丈夫だったそうですがやはりインターネットの買物はよほど注意しないと、と改めて考えさせられました。
大丈夫でよかったです。

翌日は無事にヒースローまでお送りし、お別れ。なんだか母が帰る時のように寂しい気持ちでした。
いろいろとハプニングもありましたが、今回4人ともとてもいい方たちで私もとても楽しい5日間でした。
ありがとうございました。
by tonsukeita | 2013-06-10 18:10 |

コッツウォルズからロンドンへ

3日目はコッツウォルズからロンドンへ移動。
2日間とも快晴だったのですが、この日は朝から雨でした。
朝食を済ませ、チェックアウトし荷物を車へ積むことに。
ツアー前に荷物の数などを確認したらスーツケース4個、手荷物が3つだったのでアランのBMWを借りて余裕綽々で行ったのですが私大変なことを忘れていたのです。
そう、私を含め日本人はお買い物が大好きだっていうことを!!
この時点で手荷物の数が倍以上増えてました…(苦笑)
みなさまには多大なご迷惑をおかけしましたが足元、膝の上など置けるところには全て荷物を置いて出発。 約1時間半から2時間なので頑張ってもらうことに。
友達なら「ごめんね~」済むものが、ここはお客様。本当に申し訳なかった☆
けれどみなさん、「いいわよ~」と笑顔で言ってくれ気を使ってくださいました…。
a0240816_16273447.jpg
荷物の話が長くなりましたが、ロンドン到着。
前にもロンドンは車で行ったことはありましたがあの本当に都心の三越やハロッズのあたりまで行くのは初めて。大切なお客様4人、大量の荷物を乗せて後ろは全く見えず大雨…この状況の中の運転はさすがに緊張~!!
けど緊張してるとももちろん言えず(笑)
翌日肩まわり、完全に筋肉痛でした。

彼女たちのホテルは三越の並び。
まずは荷物を下して(ホッ?!)チェック・インのお手伝い。
a0240816_16284071.jpg
私はさすがにこんな高いホテルには泊まれないので近くにホテルを取り、そこまで移動。
その間三越で待っていてもらうことにしました。
距離はたかが徒歩10~15分なのですがロンドンの交通事情、大変!!
一方通行多いし、車の数も半端じゃないのです。ぐるぐるまわされやっと着いたホテル。
急いでチェック・インして部屋に荷物を投げ入れすぐに三越へ。
待っている間はお買い物をしていてくださったようで少しホッとしました。

とりあえず行こうとなったのがハロッズ。やはり日本人には有名ですよね~
ここの野菜売場、新鮮だしきれいだし、さすが~としみじみ。
a0240816_16332892.jpg
チーズなど買いたかったのですが、ホテルの部屋に冷蔵庫がないことで断念。
ハロッズと書かれた商品がとても多いことにびっくりされていました。
確かにデパート行っても三越と書かれたものや伊勢丹と書かれたものなどあまりないですよね…
ハロッズでもお買い物を楽しまれ、一度ホテルへ戻ることに。

同行中にミュージカルを観るのもいいですよ、と言ってみるとその中のひとりの方がそれも少し考えてた~と。
英語がわからないのでわかりやすくて楽しいのがいいとおっしゃるのでマンマ・ミーアかライオン・キングを勧めてみました。
すると両方ストーリーはわかるのでどちらか見たいと簡単に決まり、早速手配することに。
ところが時はすでに6時半。
開演は7時45分なので私たちも焦ります。
しかも私が昔観た時の劇場と場所が変わってるのでどこにあるかもよくわからず。
インターネットでいろいろなサイトに行きましたが、どこも売り切れ状態。
やっとひとつ空席があるサイトを見つけてチケットを買ったのですがリファレンス番号も合計金額も出てこず。
んんん???
その時点で7時すぎていたので、とりあえずその買いました、というところを印刷して外に飛び出しタクシー探し。
こんな時に限ってなかなかタクシーが見つかりません。
何台も通るのに乗客がいたり止まってくれなかったり。
やっと止まってくれたタクシーの運転手に劇場の名前を言ってもわからず…
私の焦りは頂点に!!!!
次に止まってくれたタクシーの運ちゃんは行ってみようと劇場までナビを使って行ってくれました。
到着時間、7時半。
開演まで後15分、そこで受付へ行きチケットを買ったけれど金額やシートナンバー、リファレンス番号がないことを説明。
すると受付のお兄さんが「この会社へはチケットは売っていないんだよね」と。
それは一体どぉいうこと~!!!!????
けれど彼も調べに調べてくれて、やはり何も資料が来ていないのでこのチケットは使えません…と申し訳なさそうに私に謝罪。
いやいや、彼が悪いわけではないのよ。
でもその親切なお兄さんが、すごくいい席を安く売ってあげるよ、と提案してくれました。
とりあえず開演時間も迫っているので買って入ることに。
4人中3人が見ることになったので、残りの1人と私は見送った後三越のレストランへ食事に行きました。

食事中楽しい時間を過ごし、本当にご縁で知り合えてよかったと心から感謝。
食べ終わった後にミュージカルを観た後、何も知らないロンドンでお腹を空かせて帰って来るだろうと三越でお持ち帰り用にいろいろと作ってもらいホテルへ戻りました。
彼女がお部屋に入るのを見届けて私はホテルへと退散。業務終了~!!
帰り道歩きながら、そうだ私はこういうことをしたくて旅行の専門学校に通ったんだ…と思い出させてもらいました。
a0240816_16515897.jpg
ホテルに着いて寝る仕度をしていると食事をご一緒したお客様からのメールが。
まだ3人が帰って来ない…と。
時間はすでに11時半。
それはおかしいです。だってマンマ・ミーアは7時45分開演、どう遅くったって10時すぎ、半には終わってるはず。
タクシーが拾えないのか、何かあったのかと不安はつのるばかり。
携帯に電話しても全く通じず。
とりあえず12時まで待ってみて、連絡も何もなかったら私がホテルへ行くことにして連絡を待ちました。
あ、ちなみにこのホテルでもフリーのwifiがなくyoutubeを見ることも出来ず(笑)
テレビで映画がやっていたのでそれをつけていましたが不安な気持ちは高まるばかり。
11時55分になっても連絡がないので着替えて出かける準備をしていたところに電話が!!
…今帰って来ました。とのこと。
ほっ
なんでも観終わってすぐにタクシーでホテルまで戻り、ホテルのレストランで食事していたそうです。
なにはともあれ何もなくてよかった~。
電話を切った後は寝るまで1分かからなかったでしょう(笑)
みなさまお疲れ様でした。
by tonsukeita | 2013-06-07 17:04 |

コッツウォルズツアー 二日目

コッツウォルズ2日目は南をまわりました。
モートン・イン・マーシュのホテルからまずはボートン・オン・ザ・ウォーターへ。
a0240816_6135875.jpg
1日目が遅めの11時待ち合わせだったのでこの日は少し早目に8時朝食、9時出発。

……ところが下調べ不足。お店のほとんどは10時からだったため、少しぶらぶらすることに。
いやいや、本当の目的はぶらぶらであり、お店ではないハズなのですが(笑)
a0240816_613131.jpg
お店も徐々に開いてきて、お買い物が大好きなようでなんとここに3時間近くいました~(嬉)
この後はバーフォード経由でバイブリーへ。
a0240816_6175493.jpg
バイブリーにあるスワンホテルのランチは日本人の中でもかなり有名らしく、ここでランチをしたいというご希望があり、事前予約しておきました。
a0240816_6203314.jpg
あまりにもお天気がいいので車を停める場所がないない!!!!
ここは特にショッピングする場所もないのにたくさんの人で賑わっていました。
食事の写真を撮り忘れたのでデザートだけ☆ しかもビスケットひとくち食べてから思い出した!!
なかなかおいしかったです。
a0240816_6231219.jpg
お腹もいっぱいになり、バイブリーを後にして次に向かったのがアーリントン、バーンズリーを経由してサイレンセスターまで一気に行きました。
850年の歴史をもつセント・ジョンズ・バプティスト教会の前ではマーケットが開かれていましたが、この日はバンクホリデー(祝日)だったためにお店はほとんどお休みでした…
なんとここまで私の携帯の3Gも使えず、やっと電波が入った!!!

この後大都市?!のチェルトナムへ…と思ったのですが時間もすでに夕方。
翌日はロンドンへ移動なのでおみやげなどスーツケースをパッキングしたいから早くホテルへ戻りたいというご希望。そこでチェルトナムは飛ばしてノースリーチ、最後にコッツウォルズの原点のシャアボーンを車でゆっくり通ってホテルへ戻りました。
外食続きなので、胃を休めるためにこの日の夜はホテルで簡単に済ませようということになり、
途中にあったテスコへお買い物。
お客様のひとりがテスコのテントウムシのリサイクルバックを頼まれたと言っていたのでラッキー!!
まだまだ日本でも人気のようです。
ひと昔前に買って帰ったけど、今年もまた買うべき?!

ホテルの部屋での食事はみなさんだけかと思いきや、私まで誘ってくださいました。
テスコのパンやフルーツ、日本から持ってきたお味噌汁などシンプルですがこれが美味しかった♪
そしてここでサプライズ。
わざわざ日本から重たい思いをして、おみやげを持ってきてくれたのです。
鉄の急須に湯呑、そしてK太にはマグカップ。
素敵なデザインと素敵な思いやりにすごーくすごーく感動してしまいました…。
a0240816_6435455.jpg

ちなみに私のホテルの部屋はシングル。
小さいけど、かわいいお部屋でした。インターネットは全く使えなかったけど(怒)
a0240816_6512353.jpg
部屋より大きなバスルーム
a0240816_6522093.jpg
ホテルのフロント
a0240816_655567.jpg
ひとまずコッツウォルズは問題も怪我もなく無事終わりました。
by tonsukeita | 2013-06-06 06:55 |

コッツウォルズツアー 一日目

先週の日曜日から5日間、ちょっとしたことからツアーガイドをすることになりコッツウォルズからロンドン、ヒースローまで行ってきました。
日曜日初日の待ち合わせはコッツウォルズのモートン・イン・マーシュにあるホテル。
a0240816_4343240.jpg
去年からメールを交換していたSさんとはなんだか初対面のような気がしなかったのですがひとまず
「初めまして」のご挨拶。
モートン・イン・マーシュからストウ・オン・ザ・ウォールドに車で移動。
a0240816_4353953.jpg
ここでピクニックランチ。アンティークで有名なビレッジなのですが、普通の雑貨屋さんでも充分楽しんでくれていました(笑)
彼女たちにとって2週間目のイギリスだったので少し日本食も恋しくなってるかな~と思い、お弁当を作っていってみました。
a0240816_4372999.jpg
みなさんが大阪からの方たちだったので関東育ちの私のお弁当がお口に合うかとても不安でしたが、みなさん残さず完食。
嬉しかった~♪
ストウ・オン・ザ・ウォールドを離れ、ロウアー・アッパー・スローターへ。
a0240816_4401348.jpg
お天気がいいのでピクニックしている人たちもたくさんいました。
個人的にはボートン・オン・ザ・ウォーターよりも静かで好きな場所。
a0240816_4414189.jpg
ここは駐車場スペースがほとんどないので止める場所があるか、行く前は不安でしたが、やっとなんとか見つけられてラッキー。
a0240816_4435491.jpg
この後はウィンチカムウィンチカムという日本人経営のカフェがあるビレッジへ。
前もってアフタヌーンティ予約していきました。
a0240816_4445026.jpg
時間も夕方だったのでディカフェの紅茶をお願いしようとしたら、
「ここに来てオリジナルの紅茶を頼まないんですか? ここに来てオリジナルの紅茶を頼まないなんて…」とご主人。
なんだかその言い方が柔らかくなく、いやな気持ちにさせられたのがとても残念。
結局アフタヌーンティとそのオリジナルの紅茶を地飲ませていただきました☆
a0240816_4473387.jpg
……うん、確かにその紅茶はおいしかった……
ウィンチカムからブロードウェイに移動。
時間も5時を過ぎていたのでおみやげ屋さんもどんどん閉まっていってしまいましたが一応楽しんでいただけたようです。
a0240816_4524094.jpg
ブロードウェイからチッピング・カムデンを通り、ブロード・カムデンへ。
私の一番のお気に入りの場所です。
a0240816_4563051.jpg
a0240816_4564453.jpg
a0240816_457152.jpg
そしてブロックリーを通ってホテルに到着。
出発時間がわりとゆっくりだったために、帰りの時間はかなり遅くなってしまいましたが一応コッツウォルズ初日を楽しんでもらえたようでホッとした夜でした。
ここのホテル、とてもよかったのですがfree wifiと書いてるわりにはまったく使えず。
しかもvodafoneの電波も届かずでメールとネットを遮断されたひとりの部屋はあまりにも寂しい夜でした(笑)
by tonsukeita | 2013-06-05 05:01 |

なでしこJapan!!

イタリア旅行から戻ってきた日はオリンピックの開催セレモニーの日。たかが9時からのセレモニーだったのですがフライト時間が朝早く、早起きしたためすでにみんな眠たいモード。
それでも頑張ってみました。
a0240816_5192822.jpg
「驚きの島々」というテーマでのどかな田園風景が産業革命で一変し急速に工業社会が発展する様子をみごとに表現していました。中でもよかったのはジェームスポンドがクイーンをエスコートするシーンとMr.ビーン。これはさすがイギリス~と感心。
a0240816_5231473.jpg
翌日はコベントリーまでなでしこ日本vsスゥエーデンの試合を見に行きました。
毎日忙しく、疲れを取る暇もないほど(苦笑)
a0240816_5271682.jpg
なでしこ日本は見に行く予定はなかったものの、イタリアに行く直前に父が「なでしこだけは見に行きたかったなぁ~」とつぶやいたことから始まりました。
チケットがまだ余ってると噂に聞いていたので何気なくチケットが買えるか見てみると、まだ余ってる!!
それを聞いた父はすっかり行く気になって喜んでましたが…
どんなに疲れててもいいというのでまぁこれも親孝行のひとつかな…とチケット、取りました。
a0240816_5313157.jpg
さすがオリンピック。人がたくさん入ってます!!
a0240816_5341691.jpg
試合の結果は0-0の引き分け。
何度も日本にチャンスはあったけれどやっぱりなかなか難しいんだね~
それでも今、決勝まで行ってるなんてすごい!!!!
明日の試合、絶対見逃せないよね~
a0240816_5381866.jpg
友達カップルは顔に両方の国旗を書いて応援してました(笑)
a0240816_5402051.jpg
試合の後は彼らと地元のパブに飲みに。
サッカー観戦も出来て、パブにも行けてご機嫌なおふたりでした。
a0240816_5433846.jpg
K太は、と言えばこの日から学校のサマーキャンプ。
何よりも楽しみにしていたようで、イタリアで買ってもらったおニューの服を着て出かけていきました…
a0240816_545150.jpg

by tonsukeita | 2012-08-09 05:41 |

イタリア旅行

K太の夏休みが始まったと同時、23日から27日までイタリア旅行に行ってきました。
a0240816_17401822.jpg
イギリスからイタリア、ローマまでの飛行時間は直行便で約4時間半。これなら両親も疲れないだろうとチケットを予約したまではよかったものの、あまりよく見ずに取ったチケットは経由便。
しかも行きはチューリッヒ経由で一泊しないとならないほど空き時間が多く、慌ててスイスでホテルを取ったりと行く前から大失敗(苦笑)
しかしスイス空港だけにスイスエアがたくさん止まってた~
a0240816_17492790.jpg
そんな訳で実質24日からのイタリア旅行なのですが、ホテルはテルミニ駅近くに取ったのでとても便利なロケーションでした。
まず行ってみたかったのは世界で一番小さい国とされるヴァチカン。なんと言ってもディズニーランドより小さいというのだからすごいよね。
a0240816_17595129.jpg
サンピエトロ広場にはたくさんの人、人、人。そしてあまりの暑さで体が参ってしまうかと思うほど。
いや、実際参った☆
a0240816_1835743.jpg
宮殿の中に入ってみるとさすがにすごいと思うものばかり。
a0240816_18354270.jpg
天井の壁画はいつまでも続きます。
a0240816_1836318.jpg
上りと下りが一体化している二重らせん階段
a0240816_18362960.jpg
みんなを待つ息子(苦笑)
a0240816_18445775.jpg
イタリアは暑いと聞いていたけど、いやしかし暑かったぁ~
この夏らしい暑さがイギリスにもあればいいのに!!
a0240816_18483096.jpg
ローマと言えば「ローマの休日」を思い出します。
ロケ地めぐりとまでは行かなくてもやっぱり行ってみたいのがスペイン広場とトレビの泉。
このスペイン広場ではオードリー・ヘップバーンがジェラートを食べて待つシーンですが、私にとっては忘れられないくらい印象的なシーンでした。
a0240816_18543122.jpg
後ろ向きにコインを投げるとまたローマに戻ってこれるという言い伝えがあるそうですが…ここも人、人、人。人にあたるんじゃないかとコインなんて投げられません(苦笑)
a0240816_18571128.jpg
ローマの休日を見たのは10代後半だったのですが、その時からずっとふたりの乗っていたベスパ(原チャリ)が欲しかった私。イタリアで乗れるか少しは期待してたけど、あまりの交通量と運転の粗さにとてもじゃないけど怖くて乗れません。そんな勇気もなかった~。
a0240816_1901011.jpg
食事はパスタ、ビザ、ワイン。本場イタリア~ンでしたが、大のお気に入りのイカ墨がどこのお店にもなくてがっかり。戻ってきて調べてみると、あれはヴェネツィア名物だとか?!
よし、次はヴェネツィアだ!!
a0240816_1925094.jpg
久しぶりの親子写真♪
後何年こうやって一緒に撮ってくれるのやら…
a0240816_1942016.jpg

by tonsukeita | 2012-08-06 19:05 |

ジャンボリー

先週末日曜日は7月に突入!!
毎年恒例のジャンボリーに行ってきました。今年は室内でのイベント、恒例の大声大会。
a0240816_20335274.jpg
私の母もチャレンジしましたが、残念ながらいい成績を出せなかったようです(笑)
a0240816_832194.jpg
紙飛行機飛ばし大会。
個人的な成績としてはよかったものの、賞品をもらえるほどにはおよばず☆
a0240816_20362267.jpg
アンちゃん、今回すごかったぁ~(笑)
しっかりえび寿司のヴァウチャーもらってたもんね☆
a0240816_203930100.jpg
父と母は輪投げにチャレンジ。ボトルワインを狙ってたけど
a0240816_20451472.jpg
もらったものはコアラのマーチの小袋とあめ。老眼鏡はしていたハズなんだけど…(苦笑)
a0240816_2043435.jpg
K太が一番自信のある缶積みだったけど今回はいまいちだったみたい。今年も(K太が)ヴァウチャーもらえる気分満々だった私はしっかりいつ行こうかと予定までたてていたのに!!
a0240816_2131433.jpg
最後には展示してあった風船で遊んでたboys。みんな集まればどこでも楽しいのは私も一緒だけど♪
a0240816_217630.jpg
るーちゃんより大きい風船。飛ばされて取りにいったはいいものの、風船が歩いてるようだった~
a0240816_2195851.jpg
今年は室内だからどうだろうね~なんて言ってたけど、お弁当もおいしかったし両親もいたし、いつものように家族で楽しめるジャンボリーでした。お疲れ様~
by tonsukeita | 2012-07-09 21:12 |

夏の花火…もとい焚火

日曜日、やっとやっとやっと晴れました~!!
何度も言っておりますがイギリスは5月6月が一番気候がいいと言われております。
ところが今年の6月はあまりにも天気が悪く、もう夏は終わってしまったかも…と本当に不安☆
きゅうりや水菜も種を蒔いたのは多少遅かったものの、ビニールハウスがないせいかなかなか育たず心配です…
a0240816_1895954.jpg
間引きしなきゃ…
a0240816_18113920.jpg
それでもしなくてはならない庭仕事。
一本だけある大木からの枯れ木とお隣の家の木の枯れ葉がたまり、芝生も刈ったのでいっそ焼いてしまおうと昨日決行しました。
a0240816_18141589.jpg
K太は火熾しのお手伝いをしてくれました。風を送り続けて頑張りますがなかなか火が付きません。
a0240816_18204025.jpg
なかなか燃やすことが出来ないので外用の暖炉(名前がわからん)で挑戦しました。
ところがこちらはすぐに火がついたものの、全ての枯れ木や草を小さいスペースにまた入れるのは面倒臭い!!と3人一致(苦笑)
a0240816_18245956.jpg
また地面の山に戻り火を起こすふたり。
なんとか火も着いたので今度は消えないようにと頑張ってくれました。
a0240816_1827646.jpg
しかし煙がすごくて臭いし目に沁みるし、焚火はもういや!!
本当はイギリスではガーデンで火を出すのは禁止されているそうです。けど、この外用の暖炉からももくもくと煙が出たので開き直りでやっちゃいましたが…
次回からはちゃんと捨てに行きたいと思います、はい。
by tonsukeita | 2012-06-12 18:05 |
最新の記事
書初め
at 2014-01-20 02:10
フロリダホリデーから戻って
at 2014-01-09 04:52
フロリダホリデー ハリウッド..
at 2013-12-26 14:12
フロリダホリデー
at 2013-12-25 07:55
食べすぎ・飲みすぎ・遊びすぎ
at 2013-12-17 21:09
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
ライフログ
タグ
その他のジャンル
カウント数
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧